ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/ned905a5795b4


筋肉はコツコツとしかつかないし、衰えるのは一瞬。
本当に呆れるくらい「ちょっと」手抜きを続ければあっという間に落ちていく。
正直やってらんないよ!と感じるのが普通でしょう。

また変な付け方をすると身体操作/動作上、不具合が生じることもある。

動きやすく、見栄えも良くて、機能的で、力強い・・・
筋肉に求めるものも人それぞれ多くあることでしょう。

ただほんとに付き難い。
初級者はそれでも割と付きやすい方ですが、中級者、上級者になるにつれどんどん付き難くなっていきます。



大抵初めての人が筋トレをすると、一時的にパンプした現象を見て「ほら、筋肉付いた!」と言いたくなります。
ランナーには「筋肉」が重いからといって筋トレを嫌がる人も結構いらっしゃいます。

しかし実際は脂肪も筋肉も同じ重さで、脂肪の方が遥かに付きやすく、
筋肉は見た目がパンプ(気になる人はこちらを参考に)しますが、
しっかり継続して鍛え上げ&栄養摂取しないと増加には至りません。

なので脂肪はただの負荷(エネルギー源にはなる)だけど、
筋肉はパワーを発揮する為、付け方によってはそこまで重くは感じません。

でもバランスが大事なんですよね。



貯筋しようと思っても衰える方が早く、付くのは遅いので難しいです。
出来れば継続的に保持することをベースに、少しずつ鍛え上げるしかありません。

大抵の方は便利な世の中で少しずつ全身筋量が落ちていると言われています。
それだと疲れやすくなりますし、思うように身体を動かせない。

仕事でも、遊びでもベースになるのは健康。
それは間違いないのですが、健康でかつ「動ける身体」が必要です。
そしてボディビルダーのような身体を目指さなくても、最低限しっかりと動ける筋肉や運動神経は欲しいものです。

ただ何度も言うように一朝一夕では付きません。

スポーツ習慣とまで行かないにしても運動習慣、せめて身体を動かす/使う習慣は付けておきたいものですね。
私のレッスンやオンライン相談も定期的に身体を使ってあげるような支援にもなりますし、アドバイスも送れます。
是非、色々なサービスなどを活用してでも健康維持、生活の充実を図りましょう!

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます