ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n087b40ff70c2

体力、スタミナを付けたいならとにもかくにも日常の活動量を上げていくことからですよね。
でも上げた分、疲労も大きくなる訳で。だからいきなり運動をハードに取り入れると
疲労が一気に高まりケガや不調の原因、急性疲労を引き起こすことさえありえます。

徐々に引き上げていくのが大事。それと疲労回復をセットに組み込みましょう。
運動する→疲労回復時間を取る→やや日常生活の活動量がダウンする、
ということも考えられるので、まずは日常生活の活動量を把握し、
疲労回復とセットで次の打ち手を考えたいですよね。

こうしてnoteを書いていても、その他でいつもと違うエネルギーを使っていると回復が追いつきません。
なんだかずっと疲労感に覆われて動きが鈍くなり続ける可能性もあります。

頭も身体もぼんやりとするというか。

不調時、特に風邪を引いている時や花粉症の時期などはしんどいですよね。
どうしても活動の総量が落ちてくるorしんどい中で無理してでも動かなければいけなくなる。
社会的不安が高まっている時も同じ。徐々に疲弊していく可能性が高まります。

そういう状況ではまずその中で出来ることを1つずつやる方が良いですね。
一気にチャレンジを増やしていくと思わぬダメージを負い、後にまで影響が残ってしまいます。

元気な人はチャレンジ出来る。

かといって一気には止めましょう。適切な質量を徐々に高めていきたいもの。
だからそういった部分にコーチやサポートが付いている方が良い。

アスリートは生活を含め、丸ごと色々なサポートを活用します。
それは上記のようなことが影響しているからなんですよね。
でも本当は初心者の方がよりそういったサポートを必要とします。

「適切」なんて言われてもよく解らない、というのが本音でしょうし。

神屋的には日常を把握し、散歩や体操レベルの身体の動かし方を推奨しています。
少しずつ身体のさびを取り、運動することに馴れていくこと。
そうすることで活動の効率が上がり、体力等も上がった感じになると思います。

そうすれば実際に活動量を増やしていっても、効率良い身体が上手くこなしてくれると思います。
そういった土台があればどんどんチャレンジ出来る、マラソンを走れるようなスタミナが付くと思っています。

これは一般の方であれ、子供から中高生でも共通する基盤になると考えています。
自分自身もそういった考えを基に少しずつ取り組んでいる最中です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます