ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n74f606761a88


前回は首を冷やさないと書きました。
その際「血液」が云々と・・・

ランニング時における手袋ってなぜつけますか?
寒いから?もちろん、これは別に走っている人に関わらず誰しもに共通するお話ですが、
手の甲には毛細血管がびっしりとあり、そこを冷やすと血液も冷えちゃうんですよね。

冷えた血液が全身を巡ると身体全体もそうですが、
何より心臓や内臓に冷えた血液が届くのは避けたいですよね
(本当にそのまま届くかどうかは解りません。少なくとも冷えた血液を温めるエネルギーは消耗しますよね)

Amazon.co.jp: ランニング 手袋


だから「寒いから」だけでなく、手の甲を冷やさないように予防する意味でも、
寒さを感じる頃には早めに手袋をする習慣を持つと良いですよね。
これも暑くなってきたら取れば良いのだし。

そしてこれは足冷えを起こさぬよう、靴下を履くのと同じです。
足の甲も多くの血管が表面に近いところにありますよね?

子供の手足も普段はぬくぬくしていても、ここが急速に冷えると風邪を引きやすくなったり。
いくら防寒、厚着していても冷気に一番さらされる場所が放置されていては・・・


参考になれば幸いです♪

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます