ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n7dc944e08baa


砂浜と言えば思い出すのが兵庫県高砂市にある向島公園の砂浜。
ヘッダー写真でも解るように小さいけど凄く綺麗な場所。

思い出と言っても加古川に引っ越してからは何度か行ってますが、
中学生の頃ここで砂浜ダッシュした経験の話をしたいんですよね。

もう1ヶ所が千葉県の九十九里浜。
ここは大学に入学直前で訪れた駒大の合宿を振り返ります。


高砂向島公園
「エンドレス」って解ります?
まあ実際に永遠にトレーニングするわけではないけど、
本数決めないで何本も何十本もやるやつ。

自分たちの頃はよく砂浜ダッシュや坂ダッシュで行われました。
上手く手抜きをして生き残りを図るのではなく、最初から「出し切るつもり」でやっていく。
けど結構やれるもので。何本トップ取れるか?なんて思いながらやってた記憶があります。

今日は何勝何敗だ、とか考えながら。

スポコン漫画の影響もあって「この砂浜を汗で黒く染める」なんてイメージもあったかもしれませんね(笑)
このネタは解る人は居られるのでしょうか。

とにかくやればやるほど、ぶっ倒れるまで、ひたすら追い込むという雰囲気もあった時代ですし。
賛否は置いといて、そんな風潮だったし、キツいけど、結構そんなノリだったような気がします。
自分の場合は良き思い出です。

砂浜ダッシュは良いですよ。
エンドレスはもう一度やろうとは思わないし、誰かにお勧めもしませんけど。
動きの確認や足下が違う中での走りは色々得られるものも多いと思います。

もし練習会やって欲しい、レッスンをご希望される方が居られればご連絡ください。


九十九里浜
大学直前合宿で白子に行きました。
砂浜を見た時、これが噂に聞く九十九里かと。
とてつも長い直線で。ずっと浜が続いてる。
高砂や須磨、大久保や的形。
自分の知ってた砂浜とはスケールが全然違うことに驚きました。

張り切って合宿に入り、砂浜をジョグしてたりしたら。
速攻で故障しちゃったんですよね。
仕方なくとぼとぼ砂浜を歩いてたのが思い出。

いきなり出遅れてまずいな、どうしようとか考えながら歩いてましたね。
雄大な景色を見て「小さな悩み」と開き直れれば良かったのですが、全くでしたよ。
むしろ雄大さに負けて途方に暮れそうでした。

まあとにかくやれることをやるしかないと思ったようにも記憶しています。


あとがき
基本的には砂浜ってランニングにおいては「主」となる練習場ではないと思います。

でも子供と走ったり、波打ち際を走ったり、
海に入ってみたり、カニを探してみたり、貝殻見付けたり。

ランニングだけではない、色々な楽しみ方も出来るので、
お近くにあれば試してみるのもありだと思いますよ。

せっかくだから環境のことやSDGsのこと、生き物の調査などもしてみますか?

楽しみと学びと鍛練。
景色の良さ、物思いにふけったり、読書も散歩も良い。

ぜひやってみませんか?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます