ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n4113b6c79594


以前「僧帽筋」について記しましたが、関節のことも外せません。
基本ぐるりと回せる関節の付近に様々な筋肉が覆う形でフォローしています。
肩関節そのものを傷める場合もありますが、基本的に関節が動きにくいのではなく、
その周りの筋肉が動かなくなっていることが多いですよね。

肩:僧帽筋:ランニング感覚


特に僧帽筋が張っていると「肩」が辛いと感じますよね。

他にも肩関節周辺の「腕」にある筋肉もパンパンに張っていると
ランニング時における腕振りは辛いと感じますね。
これは荷物を持つ時も同じで。

僧帽筋とセットで張ってくると非常に腕が重い。
荷物が辛い。



気をつけなければいけないのはキーボード入力などで腕を前に伸ばした姿勢で
ムダに僧帽筋や腕に負荷を掛けた姿勢で過ごす場合。
もちろん首などや姿勢が悪ければ腰にまで来るのですが・・・

たまに前に体重を掛けるような姿勢で腕にのしかかっている人も居ますが、
これはかなり肩関節、周辺の筋肉に負荷がかかりますね。腕を前方に上げ続たり、
寝転んで読書やスマホを見る時。「ベンチプレス」のような姿勢で
腕を突き出していると結構な負担になることも。



良好な状態だとあまり気にならないところですが、
疲労が蓄積してくるとしばらく長く辛い痛みや凝りなどに悩まされます。

対処としてはやはり姿勢から。
そしてストレッチや体操などでしっかり動かしてあげること。
特に関節は動かさないorある一方向にだけ負荷を掛け続けると
その方向にしか対応できなくなっていきますよね。

本来の関節の力、働きを与えていかないと使える度合い、範囲は大きく減退します。
そうなるとランニングでも日常でも辛い。
どんな姿勢が負荷の掛け方が自分にとって負担になるかを常に感じて上げるのも必要ですよね。

少しでも軽くでも動かしてあげて、良好な状態を作り出しましょう!

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます