ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/nf428f6a28a03


皆さんの中にあるイメージはどんな感じですか?
昔で言えば監督という存在は絶対で動かしようのない絶大的な威厳を持っているイメージでしょうか?

しかし時は移り、現代でもそのような仰ぎ見るような存在も居られますが、
ほとんどがそのような感じではなく、選手との関係もフラットになりつつあります。

昔で言う師と弟子というのも減ってきていますよね。

もちろんこれが絶対的という訳ではありません。

一般企業でも昔は社長が絶大なる権力者であり、今もそうである企業もあるでしょう。
しかし多くの企業でも昔ほどではなくなってきているのではないでしょうか?

みなさんのイメージ、感覚ではどうですか?
監督論、組織論、社長論、リーダーシップ、教育論・・・
様々な議論や試行錯誤もありますよね。



昨今、twitterなどでも社長や監督という立場の人が発信する事も増えてきて、その存在が「見える」ようになりました。
「あぁ、こういったところが魅力的で人を引っ張っていけるんだな」というのを感じます。

もう一昔前の「社長や監督はこういう存在だ!」というタイプライト式のイメージでは語れなくなってきていると思います。

その中身を見ず、知らずイメージだけで扱っていくのは上手く関係を構築できませんよね?

ちょっとこのnoteで考察してみましょう!


以下、有料noteになっています

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます