ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/ne19093ae82d1


さて非常に寒い季節がやってきている最近。ど真ん中ですね。
これが緩和し暖かい季節がやってくると花粉症もやってくるので痛し痒しですが(笑)

ランナーにとって冷えは大敵です。
もちろん普通に健康面でも大敵ですが。

先ずは走り終えてからの冷え。
夏はあまり感じませんが、冬はせっかく温まった身体も一瞬で冷えてきます。
湯気だった身体でも水分がむしろ冷えを加速させます。
素早く着替えるのは当然のこと、トレーニング後も身体を急速に冷やさないように
防寒や室内であっても注意したいところですね。

またトレーニング以前も。
冷えている状態でいきなりスタートすると身体がびっくりします。
血液や内臓も筋肉と同じように温めてあげたいところ。

先ずはいきなり走る前に軽い体操を入れるなどして身体を温めておきましょう。
それに末端なども冷えていると思うように力が伝達しないし、動きも悪くなります。

全身が温まりスムーズに動くイメージを思い描きましょう。
そしてそれを実感に変えてからスタートしていきたいところです。

この辺はデータではなく感覚や経験に負う面が大きいと思います。
AIコーチでも最初はゆっくり入りましょう!くらいは言うかもしれませんし、
知識としてあっても自分の感覚で温まってきたかを判断するしかありません。



ちなみに冷える習慣、日常を送っていると筋肉のこわばりみたいなのも生じやすくなります。
お風呂に入った時「生き返った」気分になることはありませんか?

寒さはそういった緊張感や固さを生むし、良くない状態を作り出す要因にもなりますね。
少しでも「温める」そんな取り組みと感覚、習慣を持ちたいですね。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます