ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n391e88ef24d8


エントリー「雨の日に「走る」こと」から連想で。自分自身は雨中のレースはあまり経験がない。
何故だか晴れている、もしくは雨が上がってしまうことも多く、数えるほどの記憶しかない。

そして、強い雨となると本当に数回程度しか記憶にない。



1番印象が強いのが高校3年時の兵庫県選手権10000m。
土砂降りで前を見るのも一苦労。出場者も少ないレースだった。
ただ、これはチャンスだな、と思っていたのを記憶している。

高校生になって10000mは2本目。5000mでインターハイ行きも決まった後で、
選手権に5000m,10000mの2本をエントリーした。

この時点で進路も決まっており、大学の長い距離に対応できるよう考えて2本。
そして、都大路で1区を視野に10000mで29分台と県選手権で勝ちたかった。



土砂降りで周りも萎えたのか、前半から独走態勢に。
一人で29分台を目指すレースとなった。結果は30'13で優勝。
目標は一つしか叶わなかったが、自信に繋がった。

この時、イメージとしては時々見る雨中でのゴールシーン。
雨に打たれつつ優勝するシーンは格好が良いと思っていた。
自分がそんな「絵」でゴール出来ることをイメージしていた。
実際はどんな風に見えていたのかは知らない(笑)

競技者としてイメージをどう作るかは大きく、前のエントリーでも書いた、
雨中を走ることをどうイメージしているかは重要だと思う。

どうせ走るなら、雨も風も、暑さも寒さも「これは格好が良い」など、前向きなイメージを持っておいた方が絶対良い!

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます