ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n4454daac8f71

こちらのイベントを立て、こちらのnoteを書きました。
練習会+フットサル
スポーツ event in 川崎市 by KRC:Kamiyaランニングクラブ on 土曜日, 2月 29 2020
www.facebook.com
ランを技術で考える:サッカー・フットサルに活かせること

神屋は以前から、特に武蔵野学院大学で監督をさせて頂いている時には
環境も与えられていたのでどんどんサッカーなど他のスポーツも
トレーニングの一環として取り組んでいました。

不思議なことで陸上競技の専門的な練習をやっている時と
同等かそれ以上の伸びや向上が見られたりするんですよね。

専門的なトレーニングはどうしてもタイムが気になり、
上手く走れないと質も効率も下がっちゃう。
だけどサッカーをやると無心にダッシュしたり、
飛んだり跳ねたり、蹴ったりして全身を使うし、
心地好い疲労感に包まれます。

そして結構な距離を走り、様々な身体運動を包括しています。
クロストレーニングも真っ青なほどの多くの要素が詰まっています。

オフシーズンは走り込み、ではなくポイント練習替わりにサッカーやったりしてました。
真剣に楽しむサッカー。いつもと違う能力や性格を出す人も居たりして面白かったです。

ランニングはどうしても前方へのトレーニング、意識が中心になりますよね。
多少、横や斜めの意識を取り入れても限界がある。
しかもボールを扱うから走るだけに集中する訳にはいかない。

ディフェンスする時は腰をやや落としたり、ターンしたり、切り返したり。

本当に様々な動きが出来て良い刺激になります。
能力の幅を広げる為だけにトレーニングをクロスしても詰まらないと考える選手も居るけど、
サッカーやバスケなどなら積極的に取り組めたりして。

その積極性と能力開発の為の刺激が大切なんですよね。
夏はプールに行ったり、ケイドロも良いけど。
ラントレを工夫して山を走ったりするのも良いけど。
やっぱりサッカーなどは楽しくやれる。

子供の頃から様々なスポーツに、知的ゲームなどに触れておくのもスゴく大切です。
でもこれは大人も同じ。

久しぶりにサッカーとかやりたいなあ。
下手でも良いから楽しく身体を動かせれば良いのだけど。

入り口のハードルを低く楽しめる。
そんな場があればそういった取り組みは加速するはず。
仲間が増えるはず。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます