ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n5776c2bef95d

ここ数日、ストレッチの頻度と取り組みの種類を増やし、
メンテナンスとコンディション向上を図っています。


鍛えていくのも良いですが、若い頃のように鍛える意識が強過ぎると回復が追い付かないで、
かえってパフォーマンスは低下していきますよね。


それに現役時代はトレーニングにケアをセット。
アイシングやマッサージ、ケア、睡眠も
競技を中心にやってたからこそ成立していた訳で。

同じようにトレーニング中心に考えてたら無理があるんですよね。
先ずは生活が中心。今の状況に合わせてトレーニングをどう取り入れていくか。

その為にはメンテナンスをし、コンディションを先ず良好に保つことが第一だと考えています。

とはいえ自らのコンディションは良好とは胸を張って言えないので、
先ずは自身も率先してコンディションを上げつつ、少しでも皆さんに、
クライアントに貢献出来るようにしていきたいですね。



現在の課題
思いきったトレーニングが出来ません。
全力疾走出来る身体って、競技力だけでなく、
スキルだけでもなく、良好な心身の状態がベースに必要です。

身体を操作し、大きな力を引き出すことから、
どこかに故障やネックになる部分があると上手くいきませんし、
更なる故障の呼び水になってしまいます。

操作性を考えても、身体が固い状態になって、
可動域が狭まると、必要な動きは作れませんよね。

結果、無理やり力を引き出して疲労を加速させるだけで、
思うようなパフォーマンスが引き出せないことにも繋ります。

弱い部分に目を向け、補強していくことも大事ですが、
かえってその補強そのものが状態を悪化させることもありますね。
その辺りが我流の難しいところ。

ウエイトトレやジムワークも同じで、鍛えたりする以前のコンディションはどうかを考えないと、
短期的には良くても、長期的には大きな負債を抱えることにもなりかねません。

ということできっちりメンテナンスを進め、
コンディションを上げつつ、トレーニングのレベルも向上させていきます♪

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます