ランニングについての考察やコラム、思い出などをnoteに記しています。それらが埋もれてしまい、見つけにくくなっていますので、書いたものをまとめます。少しでも体系立てて見やすく、引きやすく、参考にしやすくなれば幸いです!

note:https://note.com/nkamiya/n/n5cfeac81ac2c

一昨日、投稿したこちらのnoteですが、
仲間たちも同じテーマでnoteを書いてくださいました。

https://note.com/nkamiya/n/n57855c77ebc7

https://note.com/coffee1353/n/n3a46c1f8e6d8

https://note.com/mocce0116/n/n5ad73d98c062

このテーマを1つの軸にこちらの練習会を開催し、
今後も展開していきたいと考えています。

https://m.facebook.com/events/305690557055175




このテーマ、思っているより奥が深いと思うんですよね。

ちょっとこの2つも参考に見て欲しいのですが、
単純に足音を「消す」ことを目指すなら歩く時も
「差し足、忍び足」でそとーっと、静かに息を潜め、
気配を消して目指すことは出来ますよね?

そう、いわゆる忍者走りと形容されるような走りをするマラソンランナーも居られます。
実際に足音が小さいのかは気になりますよね。
ピッチ走法の方がストライドの人より音は小さい?

そもそも音を小さくすることそのものが目的ではなく、
あくまで走力向上や故障の予防、安定性向上などだと思います。

そこの目的意識も中心にしっかりと置いて考え取り組んでいきたいところですね。

スピードを上げるのはピッチ×ストライド。
だとすればそれは股関節周辺の動きで上げるのか、
地面のキックはどうなるのか?
その時の接地音はどう変わるのか?
どんな音が良いのか?

とことん考え突き詰めていくと面白い。
一般的に解も求めていける面はあるけど、
個別性も大きい。

延々と考察していきたいけど何万文字になるかも解らない(笑)
だから自分がコーチする時は「問い」掛けします。
そしてその解をそれぞれのプレイヤーが探していくお手伝いをします。

きっと3年でも4年でも決定解は出ません。
これだ❗と思ったらまた変化してくると思います。
より良い走りをしたいと願えば願うほど。

そんな解を求めて取り組むのもランニングや
トレーニングの奥深さでもあり、楽しみでもあります。
それが生涯スポーツの1つの要素でもあるでしょう。

一貫性を持った環境の大事さはこの問いに対する
寄り添いがずっと必要だと思うからです。
個々の方法よりこの問いへの姿勢が重要。

だからクラブチームでも1人のコーチがやるよりは
志を同じくしたコーチ陣がサポート出来るようにしていくこと、
その環境を創り出し提供していくことが大事だと思うんです。

多様性も大事だし、一貫性も大事。
ここも語り合えば長くなりそうなテーマですね。

そういったテーマを語り合うコーチングスタッフ等の仲間も求めていますし、
マネジメントする人も求めています。

何よりそういったランニングの世界を楽しみたい方々に提供したいし、
サポートしたい。1人で取り組むのも良いけど、
我流でやるのも良いけど。コーチングを受けたり、
仲間と共に語り合い、悩み、意見交換し探し求め創り上げていく。
ランニングを様々な視点で極める、楽しむ。

それがチームでやる良さだとも思います。


参考

スポーツnoteマガジン

こちらにも多くのランニング感覚を記しています。
興味を持って頂いた方はぜひご覧頂ければ幸いです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ランニング感覚


ちょっとしたコラム

ランと思い出


【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます